埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

間取り別遺品整理料金表

遺品整理の料金は、荷物・家財の量と搬出状況に大きく影響いたします。お客さま宅ごとに量や搬出状況が異なります。ご参考にしてください。
下記の料金は、スタッフの片付け代金、処分代金、簡易清掃の費用を含めています。お客様は、生活していた部屋の状態で大丈夫です。
1Kタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒50,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒75,000円
荷物多く、散らかり部屋タイプ
1階なら⇒75,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
100,000円
2DKタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒120,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒145,000円
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒150,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
175,000円
3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

1階なら⇒150,000円 
3階以上でエレベーター無しなら⇒175,000
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒200,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
250,000円
一戸建3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

外回りなしなら⇒250,000円
荷物多く、散らかり部屋
外回りあるなら⇒350,000円

 

■タイトル
遺品整理・生前整理の始め方読本⑧~生前整理はやっておくべき?メリットは?
 
■本文「生前整理」という言葉が一般的となり、必要性を感じて取り組むようになったという方も増えています。
 
そのような中で、なかなか取り組むことができないという方も少なくありません。取り組めない理由として、次のようなものがあります。
 
      
 
どこから手を付けていいのか分からない       生前整理するメリットが分からない       別に今やらなくてもいい       相続するものもないので時期が来たらすべて処分すればいい
 
確かに多くの品々がある中で、一つずつ整理していく作業はたいへんなものになりますし、時間を要するものでもあります。
 
そのため自分は必要性を感じていても、家族などの協力が得られないということもあるでしょう。
 
また相続するものや貴重品なども持ち合わせていないので、自身が亡くなった後にすべて処分してくれればいいと考えていることも多いのではないでしょうか。
 
しかし生前整理は、単なる片付けや整理作業ではなく、家族のためにもなることですし、自身にとっても意義深いものなのです。
 
ここではなかなか生前整理を始められないという方に向けて、やっておくべきメリットについてお伝えしていきます。
 
○生前整理をやっておくべき5つのメリットとは?・万が一の事態でも残された家族が困らないように・相続や形見分けでのトラブルをなくすために・これからの人生を安心して過ごすために・生活環境を整えて住みやすくするために・自分の人生を振り返り新しいスタートをきることができる
生前整理をやっておくべきメリットとして、このようなものがあります。
 
確かに手間であることは間違いありません。
 
でも「やっておいて良かった!」と心から実感できるものでもあるということなのです。
 
順番に解説していきましょう。
 
・万が一の事態でも残された家族が困らないようにもしも生前整理をせずに、自分自身が旅立ってしまったら…。
 
決して脅しているわけではありませんが、本当にこのような事態になったときに、家族が困ることになってしまわないでしょうか?
 
家族の誰もが知らない預金通帳があるとしたら…。
 
ひょっとすれば、遺品整理の際に誰もその存在に気付かずに、すべての品々を処分するだけになってしまうかもしれません。
 
このような相続や形見分けのものがないとしても、何を処分していいのか、どこから遺品整理すればいいのか、本人でなければ分からないのではないでしょうか。
 
もし綺麗に片付いているとしたら、残された家族の負担も小さくなります。
 
貴重品などが分かるように整理されているとしたら、間違って処分してしまうようなこともないでしょう。
 
生前整理は残された家族の肉体的、精神的負担を軽くすることができるのです。
 
・相続や形見分けでのトラブルをなくすために財産となるような不動産や預金などや、形見分けとできる貴重なアクセサリーや時計などがあるのであれば、きちんと生前整理することによってトラブルをなくすことができます。
 
仲の良い子供たちだからといっても、相続ではトラブルになることがしばしばあります。仲の良い兄妹だからこそ、このようなトラブルになることだけは避けなければなりません。
 
自分自身にどのような財産があるのかしっかりと生前整理しておき、自分の意思がしっかりと伝えられるように必要に応じて遺言書を残しておくようにしましょう。
 
またいざというときのために、エンディングノートを残しておくといいでしょう。
 
子供たちのために残しておいた財産であっても、その意思を引き継がないと、家族を分裂させてしまう要因になってしまうこともあるのです。
 
・これからの人生を安心して過ごすためにこれからの人生、まだまだ長くなるかもしれません。また万が一のことがあるかもしれません。
 
これは誰にも分からないことです。
 
しかし生前整理をせずに万が一のことがあるとしたら、悔いが残るのではないでしょうか。
 
もしも病気や事故などによって生前整理ができなくなってしまえば、家族に対して申し訳ない気持ちになってしまうでしょう。
 
だからこそ元気なうちに生前整理することが大事です。
 
逆に言えば、生前整理にしっかりと取り組んでおけば、何も慌てることもありませんし、冷静に対処することもできます。
 
そのように備えておけば、これからの人生にもゆとりが持って生活することができるでしょう。
 
・生活環境を整えて住みやすくするために生前整理は相続に関するものや貴重品を取りまとめるというだけではなく、不要な品々を処分して、生活環境を整えることができます。
 
近年では無駄なものを排除した「ミニマリスト」という考えが定着しつつありますが、生活環境がシンプルになると、とても良い気分転換になるでしょう。
 
特に収納が多い住宅であれば、かなり不要なものがあるのではないでしょうか。押し入れの中にモノで溢れかえっているなんてことは珍しいことではありません。
 
このようなモノが溢れかえっている状況がストレスになってしまうこともあります。
 
不用品を処分することによって、余分なモノを増やさないという考え方も生まれてきます。経済的にも環境的にも優しい生活が営めるようになるでしょう。
 
・自分の人生を振り返り新しいスタートをきることができる生前整理は、これまでの人生を振り返って、自分を褒める時間にすることができます。
 
あの時は頑張ったな…。こんなこともあったな…。
 
処分する品々にも多くの思い出が残っていることでしょう。今まで頑張ってきた証ではないでしょうか。
 
そして処分することによって一区切りつけることができ、また新しい人生のスタートとすることができます。
 
新しいことにチャレンジしてみよう!という気持ちが湧いてくるかもしれません。
 

 

いずれにおいても、生前整理には多くのメリットがあります。ぜひ少しずつでも取り組むようにしてみてください。

 

【実録】遺品整理の体験談


片付け屋ライフサービスは、一般社団法人家財整理センターが運営しています。

 
 
ホームページ作成方法