埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

間取り別遺品整理料金表

遺品整理の料金は、荷物・家財の量と搬出状況に大きく影響いたします。お客さま宅ごとに量や搬出状況が異なります。ご参考にしてください。
下記の料金は、スタッフの片付け代金、処分代金、簡易清掃の費用を含めています。お客様は、生活していた部屋の状態で大丈夫です。
1Kタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒50,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒75,000円
荷物多く、散らかり部屋タイプ
1階なら⇒75,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
100,000円
2DKタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒120,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒145,000円
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒150,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
175,000円
3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

1階なら⇒150,000円 
3階以上でエレベーター無しなら⇒175,000
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒200,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
250,000円
一戸建3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

外回りなしなら⇒250,000円
荷物多く、散らかり部屋
外回りあるなら⇒350,000円

 

 

○遺品整理で売れるものを売却してしまう3つの方法                                                  1

・買取業者に依頼して引き取ってもらう                                                                 2

・リサイクルショップなどに持ち込んでしまう                                                      2

・ネットオークションやフリマアプリを利用する                                                  3

○遺品を売却する際の注意点                                                                                         3

・本当に売却して大丈夫か相続人同士で確認しておく                                           3

・複数の買取業者に査定を依頼するほうが安心                                                      4

・遺品の売却に税金がかかることがある                                                                 4

 

 

 

 

■本文

 

 

 

遺品整理をしていると、新品同様のものやまだまだ使えるような「捨てるのはもったいない」と感じるものをたくさん見つけることができます。

 

 

 

とはいえ、どうしても捨てるしかないと考える品物もあるでしょう。大型の家財であれば、引き取るわけにはいかないものも多いはずです。

 

 

 

そのような品々は売却して処分するという方法があります。使いたい、購入したいという人に再利用してもらった方が故人さまにとってもお喜びになるのではないでしょうか。

 

 

 

ただし売却する前提としては、相続に関するものや形見分けの対象とならないものであって、それら勝手に売却してトラブルにならないようにすることが大事になります。

 

 

 

ここではどのような売却方法があるのか、また売却に際の注意点についてお伝えしていきます。

 

 

 

○遺品整理で売れるものを売却してしまう3つの方法

・買取業者に依頼して引き取ってもらう

・リサイクルショップなどに持ち込んでしまう

・ネットオークションやフリマアプリを利用する

 

ここでご紹介する方法は、上記の3点です。

 

遺品整理においては、相続や形見分けするものよりも、処分する品々のほうが多くなってしまうことがほとんどです。

 

個人差はありますが、どうしても処分費費用がかさんでしまうことになります。

 

そのためまだ使えるものを売却できるのであれば、処分費用に充当することができますのでメリットになるのではないでしょうか。

 

売却方法にはいくつかありますので、品々に応じて使い分けるといいでしょう。

 

・買取業者に依頼して引き取ってもらう

不用品回収業者や買取業者などに依頼して、整理と共に一括して売却することが可能です。

 

例えば遺品整理において、相続や形見分けになるような大事な品々だけは自分たちだけで仕分けして、それ以外については不用品回収業者に引き取りをお願いすることができます。

 

重い家財などの運搬もしてくれ、しかも使えるものに関しては買取もしてもらえます。その差し引きで支払いをすることになりますから、整理作業の費用を抑えることができます。

 

いっきに整理することができますから、早く綺麗にしたい場合においても有効です。

 

ただし遺品が奥底に眠っているような場合には、誤って処分してしまうようなことがあります。また一括して購入することから、一点あたりの費用が思ったほど高額にならないという点にも注意しなければなりません。

 

・リサイクルショップなどに持ち込んでしまう

「これは売却できるだろう」といった品々を、自身でリサイクルショップに持ち込んで売却してしまうといった方法があります。

 

リサイクルショップはどの地域にも必ずありますから、とても便利になりました。また出張買取や郵送買取してくれるショップもありますから、うまく活用するといいでしょう。

 

一点一点査定して買取してもらうことができますから、不用品買取業者に一括で売却するよりも高くなることも多くあります。

 

ただし売却の手続等を誰かが行わねばなりません。

 

またその他の処分品については、別の業者に依頼するなどしなければなりませんので、二度手間になってしまう可能性もあります。

 

・ネットオークションやフリマアプリを利用する

ヤフオクなどのネットオークションやメルカリなどのフリマアプリを活用して売却することも可能です。

 

まだまだ使えるものや新品同様のもの、コレクション、貴重品などは高値で売却されているものもあります。うまく活用すれば、処分費用をかなり浮かすことができる可能性もあるでしょう。

 

もし遺品整理される方の中で、日頃からサービスを活用している方がおられるのであれば、スムーズに売却を進めることができるのではないでしょうか。

 

ただし一点一点、出品していかねばなりませんから、遺品のすべてを売却するとなれば大変な作業になってしまうことが考えられます。また売却できないという可能性もあるでしょう。

 

そのため事前に調べておいて、「これは高値で売却できそう」というものを効果的に出品すればいいのではないでしょうか。

 

 

○遺品を売却する際の注意点

・本当に売却して大丈夫か相続人同士で確認しておく

・複数の買取業者に査定を依頼するほうが安心

・遺品の売却に税金がかかることがある

 

冒頭にもお伝えしましたが、遺品を売却する際には十分に注意が必要です。

 

故人さまの所有物ですから、基本的には相続権のある方たちが引き継ぐものです。「どうせ処分するものだから」と安易に考えてしまうと、後から必要なものであることが分かってトラブルになるようなこともあります。

 

また売却で得たお金は、所得として扱われ、確定申告して課税の対象となってしまうこともあります。

 

「知らなかった」では済みませんから、事前に注意事項を確認するようにしましょう。

 

・本当に売却して大丈夫か相続人同士で確認しておく

遺品整理の中で、遺品の一部を売却してしまうという方は多くなっています。

 

特に近年では「ゴミを減らす」「再利用」「リサイクル」などと謳われるようになってきましたから、中古品の売買を日頃から取り組んでいる方も少なくないでしょう。

 

使えるものを処分することはもったいないことですから、お金に換えることができるのであれば、そうしたいと考えることも不自然なことではありません。

 

しかし本当に売却していいのかどうかは、相続人同士で取り決めをしておくようにしましょう。

 

後から売却してしまった旨を伝えると、「使いたかった」「形見分けで欲しかった」などとトラブルになってしまうことも考えられます。

 

そのため遺品整理については基本的には相続人すべてが立ち会うことが最も望ましく、立ち会えない方がいるのであれば委任状などを取っておくことがベストです。

 

遺品の処分の方法についても、しっかりと話し合いをしておくようにしましょう。

 

・複数の買取業者に査定を依頼するほうが安心

買取業者に売却を依頼する場合、念のために複数の業者に査定を依頼しておくことがいいでしょう。

 

日頃から買取してもらっているという業者であれば問題ないかもしれませんが、売却の際に減額されるようなトラブルがないわけではありません。

 

故人さまの遺品を買い取ってもらう訳ですから、安心できる業者にお任せしたいのではないでしょうか。

 

・遺品の売却に税金がかかることがある

基本的には遺品を売却して得たお金は、「譲渡所得」と呼ばれる収入の扱いになります。目的によっては、事業所得や雑所得として扱われることもあるので注意が必要です。

 

ただし生活で活用していた冷蔵庫や洗濯機、タンスなどを売却したとしても、それらは課税の対象外であると考えられます。

 

高額で売却できるようなものは、課税対象となることが多くなっています。

 

例えば高級車を所有されているような場合や、趣味で高額な骨董や盆栽、掛け軸などを収集されていたような場合であれば、課税対象となる場合もあります。

 

特に30万円を超えるようなものであれば、課税所得として扱われることがあります。

 

ただし売却に対する手数料などは差し引かれることになります。

 

不明点があれば税務署や税理士に相談するようにしましょう。

【実録】遺品整理の体験談


片付け屋ライフサービスは、一般社団法人家財整理センターが運営しています。

 
 
ホームページ作成方法