埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

年中無休/夜7時から深夜0時は、
夜間専用:
050-3134-4757 でお待ちしています

 

遺品整理を始めなければならないものの、なかなか始めることができないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

仕事が忙しく時間が取れない、遠方で訪れることができない、体が不自由で作業することができない、などなど。

 

 

 

それでもいつまでも空き家にしておくことはできないでしょうし、場合によっては部屋の引き渡しの日程などがすでに決まっているかもしれません。

 

 

 

それでも効率よく遺品整理を進めていきたいのであれば、うまく遺品整理業者を活用することをおすすめいたします。

 

 

 

どのような活用方法があるのか、シーン別にお伝えしていきます。

 

 

 

○遺品整理業者をうまく活用すればメリットがいっぱい

 

遺品整理業者をうまく活用すると、時間や労力を極力かけずに遺品整理を進めることができます。

 

 

 

「時間がない」「どう進めていけばいいのか分からない」「処分しなければならない荷物が多すぎる」などといった場合には、プロに任せてしまうことを検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

 

遺品整理業者を活用して場合、ご家族の意思を踏まえて遺品整理することが可能です。

 

 

 

例えば、自身で丁寧に整理していきたいということであれば、ご家族と一緒にスタッフがお手伝いすることができます。都度、必要なものなのか、処分するものなのか確認しながら進めることができます。

 

 

 

また大事なものだけを先に抜き出して、処分するものを遺品整理業者に依頼することも可能です。自分で探しても見つからなかったものを見つけたいという場合にも有効な活用方法だと言えます。

 

 

 

大きな荷物を運びたいという場合にも、うまく活用すればいいでしょう。高齢の方や女性の方であれば、荷物の運搬がとても大変です。もちろん丁寧に運んでもらえますから安心でしょう。

 

 

 

さらに遠方でなかなか故人宅に伺えないという場合でも、信頼できる遺品業者にすべて任せてしまうということも可能です。

 

 

 

このように、うまく活用すればメリットはたくさんありますから、効果的に利用することを考えてみればいいでしょう。

 

 

 

 

 

○【シーン別】遺品整理業者の上手な活用方法

 

自身が考えている遺品整理を効率よく進めるために、遺品整理業者をうまく活用することが可能です。

 

 

 

ここではシーン別に活用方法を取り上げてみましたので、参考に検討してみるといいでしょう。

 

 

 

・作業や立会いする時間が取れない

 

故人が一人暮らしだったとしても、遺品の量はかなり多いことが分かります。遺品整理を自身で進めていく場合であれば、ある程度、まとまった時間を要します。

 

 

 

しかし遺品整理業者に依頼すれば、大事な箇所は自身で整理して、処分する荷物の運搬をまかせてしまうなどといった利用が可能です

 

 

 

自身が作業できる時間にあわせて利用すればいいですし、仮に立会いができないとしても進めていくことが可能です。

 

 

 

・貴重品や大事なものを見つけ出したい

 

遺品整理においては、どこに貴重品や残しておきたい大事なものがあるのか分からないことも少なくありません。

 

 

 

相続や形見分けするような貴重品はもちろんのこと、故人が大切にしていた思い出の品、趣味で収集していたものなど、大事なものはたくさんあります。

 

 

 

それらをうっかりと処分してしまっては大変です。

 

 

 

一つひとつ、荷物を確認しながら進めていきたい、丁寧に遺品整理を進めていきたいという方にとっても、効率よく進めることができるでしょう。

 

 

 

・大きい荷物を効率よく運び出したい

 

遺品整理において困るのが、大きい荷物の運搬ではないでしょうか。タンスなどの大型家具や洗濯機や冷蔵庫などの大型家電を移動させるだけでも大変なことです。

 

 

 

このような作業を高齢の方や女性がすることは、難しい場合が多いのではないでしょうか。

 

 

 

このような大型家財を運び出すのであれば、遺品整理業者に依頼すればスムーズです。また今後、売却することや自身で活用する荷物であっても、丁寧に運んでもらえます。

 

 

 

・決められた日程に原状回復する必要がある

 

賃貸住宅などの場合、決められた日程までに引き渡しをしなければならないということがあるでしょう。

 

 

 

場合によっては「今日一日ですべてやり切ってしまわねばならない」といったことがあるかもしれません。また引き渡しまでの期間で作業できる日が取れないことがあるかもしれません。

 

 

 

しかしそのような状況においても、遺品整理業者を活用すれば、短期間で効率よく原状回復させることが可能となります。

 

 

 

・遺品整理後の空き家の活用方法に応じた片付けがしたい

 

遺品整理をした後に、空き家となった故人宅を賃貸物件にすることや自身で入居することを考えているということも少なくありません。

 

 

 

リフォームやリノベーション、売却の検討を進めている場合もあるでしょう。

 

 

 

いずれにおいても遺品を整理することが大前提であることは間違いありません。空き家のまま放置していることで、防災や防犯、衛生、景観などにおいて良くないことです。

 

 

 

四十九日が済んで落ち着いてきたのであれば、遺品整理を進めていくようにして、空き家の活用を考えていくようにしましょう。

 

 

 

 

 

○遺品整理業者は不用品回収業者とは違うの?

 

遺品整理業者であっても、不用品の回収や処分ができますから、どのような違いがあるのか疑問を持つ方も少なくありません。

 

 

 

不用品回収業者はあくまで不用品を一括して処分するための業者ですから、故人の荷物の中に貴重品や大事なものが含まれている場合であれば、必ず遺品整理業者を選択するようにします。

 

 

 

遺品整理業者は、遺品整理のスキルを身につけていますので、誤って処分してしまうようなことはありません。

 

 

 

また処分すべきか判断に迷うようなものやどのように処分すればいいのか分からない場合でも、適切なアドバイスを受けることができます。

 

 

 

遺品整理で後悔しないためにも、遺品整理業者を選択することをおすすめします。

 

【実録】遺品整理の体験談

 
 
ホームページ作成方法