埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

年中無休/夜7時から深夜0時は、
夜間専用:
050-3134-4757 でお待ちしています

 

遺品整理を「さあ始めよう」という前に、確認しておくことがいくつかあります。

 

 

遺品整理は単なる片付けではなく、故人が残した遺品を整理し、形見分けや相続をしなければならない大事な作業になります。

 

 

ただ遺品や遺産を分配するというだけではなく、どのように分配するのか、残された自宅はどうするのかなど、決めておくことも多いでしょう。

 

 

また決められた期日に退去しなければならなかったり、必要な手続きが必要な場合も少なくありません。

 

 

親族が集まる日程を調整しなければならないですし、限られた日程や時間内ですべてを終える必要も出てくるかもしれません。

 

 

ここでは遺品整理を行う直前に、知っておきたいこと、決めておきたいことをまとめてみました。

 

 

 

 

○賃貸住宅や老人ホームなどへの引き渡しの日程を決める

賃貸物件や老人ホームなどでの遺品整理の場合、決められた期日に退去する必要があります。その期日までに遺品整理を行い、キレイにした状態で退去できるように余裕を持って行動しなければなりません。

 

 

賃貸物件の大家さんには、故人が亡くなった段階で早めに連絡しておきます。その際に退去に関する日程などを確認しておくようにしてください

 

 

一般的には退去の1か月前までには通知しなければなりません。

 

 

契約によってはさらに早い段階で連絡しなければならない場合もありますので注意が必要です。タイミングを間違えてしまえば、余分な費用が必要となる場合があります。

 

 

1か月と言ってもあっという間です。

 

 

それまでに遺品整理はもちろんのこと、水道やガス、電気などの公共料金の手続き、電話や新聞などの手続きなどもあわせて行うようにしなければなりません。

 

 

また引き渡し時には、カギの返却も必要となりますので、遺品整理の際に注意しておくようにしましょう。

 

 

老人ホームの場合においても、まずは施設の担当者に連絡し、退去の日程について確認しておくことが大事です。

 

 

老人ホームでは部屋に空きが出ると、おおむね次の入居者が決まっています。次の入居日までには退去しなければなりません。

 

 

「老人ホーム側で荷物を処分してほしい」「別のお年寄りに荷物をもらってほしい」と考える方が多いのですが、多くの場合では処分してもらうことはできません。

 

 

退去日が切迫しているような場合であれば、不用品の買取業者や遺品整理業者などをうまく活用することも一つの手段です。

 

 

 

 

○親戚などと遺品整理の日程調整を行う

遺品整理を実際に行う日程を、親戚など関係者で調整します。当日にどれくらいの人数が集まるかは、遺品整理をスムーズに進めるためにはとても重要です。

 

 

しかし親戚の人数が多い場合などには、一度にみんなが集まって整理することができない可能性があります

 

 

もちろん相続や形見分けなど、重要な相談が必要になる場合がありますので、関係者が揃うようにしなければなりません。

 

 

また親戚一同が集まった際には、故人が住んでいた家をどのように処分するのか、あるいは活用するのかについて決定しなければなりません。

 

 

わが国において空き家が大きな社会問題となっていますが、防犯や防災、衛生、景観などの観点から、空き家のまま放置することは望ましくありません。

 

 

築年数が多く、かなり損傷が激しい場合であれば、更地にして売却するほうが買い手が就く可能性があります。それほど修繕が必要ない場合であれば、売却するのか、誰かが入居するのか、ということについても話し合っておく必要があります。

 

 

もし遠方に親戚がいる場合や仕事の都合、体が不自由などの理由でどうしても遺品整理に参加できないということであれば、場合によっては委任状などを取得することも検討しておきます。

 

 

トラブルを回避するためにはとても重要になります。

 

 

 

 

○不用品の買取業者や遺品整理業者の活用を検討する

遺品整理は、不用品の買取業者や遺品整理業者を有効活用しながら進めていくこともできます。

 

 

あまりにも荷物が多い、退去しなければならない日程が近い、親戚が上手く集まれない、などの理由であれば、うまく業者を活用することをおすすめします。

 

 

故人が一人暮らしであったとしても、遺品整理をしなければならない荷物がかなり多いことも少なくありません。

 

 

仮にアパート暮らしのような場合でも、意外に荷物は多いもの。葬儀を終えて落ち着いた頃に故人の自宅に親戚一同が集まって、あまりの荷物の多さに驚いてしまうようなことも珍しいことではないのです。

 

 

特に故人がかなりのご高齢であったならば、遺品整理で集まる親戚一同においても、高齢の方や体の不自由な方もおられるかもしれません。

 

 

大きなタンスや重い荷物を運ぶことは、かなりの労力を必要としますので、ケガをしたり体調を壊したりといったことに注意しなければならないのです。

 

 

そのため形見分けや相続に必要な荷物だけを親戚一同で整理し、その他、処分しなければならない不要な荷物については業者にすべて依頼してしまうようなことも一つの考え方です。

 

 

また業者と一緒に必要なもの、処分するものに分ける作業を行うこともできます。

 

 

故人の所有していたものを、しっかりと確認しながら進めたいという方であればそのような遺品整理方法を検討することもいいでしょう。

【実録】遺品整理の体験談


片付け屋ライフサービスは、一般社団法人家財整理センターが運営しています。

 
 
ホームページ作成方法