埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

年中無休/夜7時から深夜0時は、
夜間専用:
050-3134-4757 でお待ちしています


 

 


 

遺品整理を効率よく進めていくには、「残すもの」「処分するもの」に分けていく方法が便利です。

 

 

しかしそれでもあまりの荷物の多さに、どのように整理していけばいいのか分からなくなってしまうことも珍しいことではありません。

 

 

まずは遺品整理をはじめる前に、必要な物品を用意し、片付けの際に手際よく進められるようにしておきます。

 

 

遺品整理を開始すれば、ジャンル別において手間取るようなことがないように、効率よく進めていくといいでしょう。

 

 

ここでは、遺品整理をスムーズに進めるために、「用意しておくもの」「ジャンル別の整理方法」についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

○片付けを始める前に用意しておくもの

  • 段ボール

  • ガムテープ

  • ゴミ袋・コンビニ袋

  • 荷造り紐

  • はさみ・カッター

  • マジック

  • 軍手

  • 使い捨てマスク

  • 殺虫剤・虫よけスプレー

  • 汚れてもいい靴下

  • バンダナ・タオル

  • 冷たいお茶

  •  

  •  

  •  

  • 遺品整理を始める際の準備としてガムテープや荷造り紐、段ボール、ゴミ袋、カッターくらいはイメージできるかと思いますが、その他にもあれば必ず役に立つものをリストアップしま 

  • 例えばゴミ袋のほかに「コンビニ袋」もたくさん用意してあれば、仕分けして処分したり保存したりするようなものがある場合にはとても便利です。

     

    またビニールの荷造り紐があれば、本や書類の処分などには便利でしょう。

     

    マジックも太めのものを用意しておけば、仕分けしたものがどこに入っているか、袋や段ボールに記載しておけます。

     

    遺品整理する際には、ケガをしたり体調を崩さないように配慮しておくことも必要です。

     

    そのため軍手は割れものなどを処分する際に手を守るために必要なものですし、汚れても問題のない靴下を履いておくといいでしょう。場合によってはスリッパや上靴などを用意しておくと便利です。

     

    どうしてもホコリが立ちますから、使い捨てマスクは必ず着用するようにして、虫に刺されないように殺虫剤や虫よけスプレーを用意しておくといいでしょう。蚊の時期ではないとしても、ホコリの中にいるダニに刺されるようなこともあります。

     

    整理中には頭にバンダナやタオルを巻いておくと、汗をかいても目に入るようなことはなく、軍手をいちいち外して汗をぬぐうようなことをしなくてすみます。

     

    また暑い日に遺品整理しなければならないような場合であれば、冷たいお茶など飲み物を用意しておき、熱中症対策として塩飴なども用意しておくことが大事です。

     

     

    ○ジャンル別の効率的な片付け方法

    ジャンル別の片付け方法についてお伝えします。

     

    故人の遺品の中には、思い出に詰まったものやとても価値の高いものなどが含まれていることがあります。

     

    相続に大きな影響を与えるようなものがあるかもしれませんから注意が必要です。

     

    もし遺言書がある場合であれば、その内容に従って形見分けなどするようにしましょう。

     

    ・家電製品

    家電製品は、「買取してもらうもの」「自分で使うもの」「人に譲るもの」などに分けておくようにします。取扱い説明書や保証書などがあれば、一緒にしておくようにしましょう。

     

    「買取してもらうもの」については、買取業者やリサイクルショップなどにまとめて依頼するものと、メルカリなど個別で売却するものなどに分けておきます。比較的に新しいものやキレイなものであれば、個別で売却したほうが高くなることがあります。

     

    処分する場合、テレビやエアコン、冷蔵庫、パソコンなどに関しては家電リサイクル法の対象となり、処分費用が必要になりますから注意が必要です。

     

    ・衣類や布・ボタン

    衣類については、「新品・未使用品」「比較的キレイなもの・着れるもの」「再利用できそうなもの」「処分するもの」「ネクタイやハンカチなど小物」などに分けるといいでしょう。

     

    さらに「新品・未使用品」「比較的キレイなもの・着れるもの」の中から、「売却・買取に出すもの」「自分で着るもの」「人に譲るもの」に分けると便利です。

     

    ・食器

    食器については「故人が使っていて思い入れのあるもの」「新品・未使用品」「使えるもの」「処分するもの」などに分けるといいでしょう。ブランド食器の場合であれば、個別にメルカリなどに出品すれば、高値で売却できることがあります。

     

    食器は陶器やガラス製だけではなく、プラスチック、金属など、さまざまな種類の素材があります。処分する場合は、自治体が定めている方法に従わなければなりません。

     

    陶器やガラス製の食器は「割れもの」として一般的には燃えないゴミに、プラスチックは自治体によっては「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」に分かれる場合があります。金属製であれば「金属ゴミ」、サイズが大きいものであれば、粗大ゴミとして扱わねばならないことがあります。

     

    ・人形や仏壇

    人形や仏壇は買取業者やリサイクルショップなどに売却することができますが、故人が大事にしているものや信仰してきたものであれば注意が必要です。

     

    人形であれば五月人形やひな人形、日本人形、フランス人形など、故人の思い出が詰まっているようなものであれば、処分するのに気が引けてしまうこともあるでしょう。

     

    そのような場合には、お寺や神社で供養してもらうことができますし、ほしいという方に寄付したり、譲ったりすることでもいいでしょう。

     

    仏壇には信仰の対象としている本尊が祀られていることがあります。そのようなものがある場合であれば、信仰している団体に返却することや引き取ってもらうことがいいでしょう。

     

    ・思い出の品

    故人が趣味で集めていたものや、使っていたものであれば、形見分けの対象になることも多いと思います。まずは遺品整理中に保存しておくようにして、形見分けする親族で話し合いをすればいいでしょう。

     

    コレクションの品であれば、高値で取引されているようなものもあるかもしれません。

     

    場合によっては骨とう品など、相続に影響を与えるような価値のあるものかもしれませんから、場合によっては買取業者に相見積もりを取ることも必要です。

     

    ・本や書類

    遺品整理をしている中で、本を整理しなければならないこともあるでしょう。特に故人が読書家であるような場合であれば、書斎などから大量の本が見つかることもあります。

     

    中には一般の人では分からない価値の高い本が含まれている場合があります。

     

    そのような本を買取に出す場合であれば、古書専門店など本の専門知識を有している業者に買取してもらうようにしましょう。

     

    古書専門店の中には出張買取を受け付けている業者もありますので遺品整理の際に大量の本を見つけたのであれば引き取りに来てもらうことも一つの方法です。

 

【実録】遺品整理の体験談


片付け屋ライフサービスは、一般社団法人家財整理センターが運営しています。

 
 
ホームページ作成方法