埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

年中無休/夜7時から深夜0時は、
夜間専用:
050-3134-4757 でお待ちしています
 

年金の停止と各種手続き

年金を受給している人が死亡したら、必ず受給停止の手続きを行います。死亡を届け出なければ不正受給となります。一方、国民年金・厚生年金を納めている人が亡くなった場合は遺族年金が受け取れる可能性があります。労働災害で亡くなった場合は、給付が手厚い労災保険の遺族年金の受給資格も確認してみましょう。

年金受給の停止は、速やかに期限内に行う

年金を受給していた人が死亡すると年金を受ける権利がなくなり期限内に停止手続きを行います。
受給を停止するには、年金事務所または街角の年金相談センターに「年金受給者死亡届」を提出します。手続きには死亡した人の年金証書、死亡の事実を証明できる書類(戸籍抄本、死亡診断書のコピーなど)が必要になります。
手続きの期限は、国民年金は死亡日から14日以内、厚生年金は死亡日から10日以内です。葬儀が終わったら速やかにとりかかる必要があります。
 年金は、後払い方式で、支給されていますから、生計を一にしていた遺族が未受給分を受け取れます。公的年金の給付は2か月に1度で、偶数月の15日に前月と前々月の分が振り込まれます。そして、死亡した月の分までは支給されるようになっています。

未支給年金請求の手続き

未支給年金を請求するには、年金事務所または街角の年金相談センターに「未支給【年金・保険給付】請求書」を提出します。手続きには、死亡した人の年金証書、年金証書、戸籍謄本など、故人と請求する人が生計を同じくしていたことが証明できるもの(住民票の写しなど)、受取を希望する金融機関の通帳も必要です

国民年金・厚生年金の遺族年金の手続き

【実録】遺品整理の体験談

 
 
ホームページ作成方法