埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

間取り別遺品整理料金表

遺品整理の料金は、荷物・家財の量と搬出状況に大きく影響いたします。お客さま宅ごとに量や搬出状況が異なります。ご参考にしてください。
下記の料金は、スタッフの片付け代金、処分代金、簡易清掃の費用を含めています。お客様は、生活していた部屋の状態で大丈夫です。
1Kタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒50,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒75,000円
荷物多く、散らかり部屋タイプ
1階なら⇒75,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
100,000円
2DKタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒120,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒145,000円
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒150,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
175,000円
3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

1階なら⇒150,000円 
3階以上でエレベーター無しなら⇒175,000
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒200,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
250,000円
一戸建3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

外回りなしなら⇒250,000円
荷物多く、散らかり部屋
外回りあるなら⇒350,000円

 

 生命保険の受取

保険会社を特定します

生命保険は、どこの会社に入っていたか、ご遺族でもよく把握していないケースが多いですね。遺品の整理で、保険証券の探索は、大切な作業です。証券を探すと同時に保険料の引落を銀行の通帳で照らし合わせることが良いですね。保険料の支払いは、年払いもありますが、多くは、月払いが多いようですから通帳の記録からでも探索できます。

死亡保険金を受け取る前に内容を確認します

生命保険は、次の点を確認することが必要です。
確認したいのは、保険受取人です。加入の時によく考えずに保険契約者と保険受取人を決めてしまった
方が多いと思いますが、死亡保険の受取には、こちらがとても重要です。
一般的なケース
保険契約者(今回お亡くなりなった方)が、
誰を受取人になっているかです。保険契約者が、配偶者(夫または)や子供さんを受取人になっている場合は、その保険受取人の配偶者人や子供さんがが受け取ることになるので、手続きはスムーズです。
複雑なケース
1
のパターン
保険契約者が、受取人に本人を指定したケース。
養老型の生命保険に多くみられます。この場合は、例え(夫や妻)でも簡単に保険を受け取ることは、できません。なぜなら、保険契約者の本人の財産で、相続財産として、遺産分割協議に基き
きちんとした相続手続きを行う必要があるからです。
2のパターン
保険受取人が保険契約者より先に死亡し、
受取人を変更していないケースです。例えば、ご主人が保険契約者であり、受取人が奥さんであった場合です。奥さんが先にお亡くなりになっていた場合です。本来は、受取人を事前に変更するのですが、そのままになっていた場合です。このケースでは、その相続人のなかで均等に分けることになっています。
通常の遺産相続では、法律で定められた「法定相続割合」という割合に応じて遺産を分割したとえば母は2分の1、子どもは4分の1など相続人によって受け取り割合が異なります。しかし保険金の受け取りにおいては、法律によると、保険金額を相続人の人数で割り、相続人はそれぞれ同じ金額を受け取ることになります。

保険受取のための手順と書類

連絡方法は、電話や書面などです。すると保険会社から必要書類の案内と保険金請求書が送られてきます。
保険金請求に必要な書類は以下の通りです。
1.
請求書 2.被保険者の住民票 3.受取人の戸籍抄本 4.受取人の印鑑証明 5.医師の死亡診断書または死体検案書 6.保険証券 このほかに相続人が複数の場合は、
遺産分割協議書が必要になります。これらの書類を用意して保険金受取人が請求手続きを取ります。

生命保険会社が書類を受付け、支払の可否を判断します。

死亡保険金を受け取ることになります。
 
 
【ご注意】
こちらのご紹介文は、
一般的に起こりうるケースに限定して解説しております。相続人が痴呆症・未成年・養子がいるなど複雑なケースは、弁護士・司法書士などの専門家に相談してください。

【実録】遺品整理の体験談


片付け屋ライフサービスは、一般社団法人家財整理センターが運営しています。

 
 
ホームページ作成方法