埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

年中無休/夜7時から深夜0時は、
夜間専用:
050-3134-4757 でお待ちしています

生前整理とは、なに?

生前整理は、自分らしく生きるためにと家族の労働負担や精神的負担を減らす遺品整理の準備のためと言われています。
▶前整理とは広い意味で死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備をすることです。生前整理にはその人それぞれの形があります。子育てがひと段落し、仕事でも定年退職を迎えた人であれば、第二の人生をどうやって素敵に過ごそうかと考えるでしょう。続きの記事は、こちらから 

生前整理・家財整理のすすめ

生前整理をする際に考えておかなければならないことは沢山ありますが、主に身の回りの品々の整理や相続関係の書類整理、葬儀関係について考えるてみましょう
エンディングノートには自分のプロフィールや今までの人生について、所有する財産や葬儀、お墓についてなど自分の死後に心配なことを記載するのが一般的です。
それに対して遺言書にはどんなことを書くのでしょうか。遺言書に書くことができるのは財産の処分方法や子どもの認知関係など法的効力を持つものに限られます。この法的効力ですが、自分が死んで初めて効力が発揮されるのでエンディングノートとは違い生前の情報を書くことはありません 続きの記事は、こちらから

具体的な生前整理の進め方

具体的な生前整理の方法について。何から手を付ければいいか分からない方は多いと思います。生前整理に決まりはなく一番心配なことから始めることがポイントです
▶財産が預金や株、不動産など複数ある場合は家族にその存在を知らせなければなりません。所有する財産を一覧にしておくと良いでしょう。まとめておくことができるものに関しては早いうちにやっておきます。ここで注意しなければならないのは借入金など負の財産も相続の対象になることです。続きの記事は、こちらから

お年寄りの生前整理

あふれた物・古くなった食品をたくさん溜め込んでしまった家には、ゴキブリやネズミが大量に発生して不衛生な環境になってしまいます。しかし、溜め込むお年よりは、なかなかものを思い切って捨てません。もちろん、ご本人の意思でもの・ゴミを捨てませんね。捨てないと、いろんな問題が起きますね。
病気や怪我を誘発する元になります
①ゴキブリ・ネズミの発生で不衛生な住まいで生活することで、病気を引き起こす原因にもなります。
②あふれている物で一杯ですと、つまずいたりして、怪我を誘発しやすくなります。

続きの記事は、こちらから

もめないための遺言書の作成

相続する際に気を付けるべきことは分割での争いです。それほど多額ではないのに、裁判所には最近多くの事件が持ち込まれている傾向があります。裁判までいかない争いは水面下でもっと多いと思われます。
生前の相続対策としてまずは遺言書の作成を行うことが一番だと思います。自分が死んだ後に親族同士がもめることのないようにする確実な方法です。遺言書とは故人の意思です。意思表示をきちんと行うことで遺された家族のもめごとは回避できます。ここで注意したいことですが、遺言書がもめごとの火種になることもある、ということです。遺言書の種類は3種類あります。まず、一つ目の自筆証書遺言書についてですが、これにはデメリットが多いので注意してください。続きの記事は、こちらから

痴呆症がすすむ前に不動産を整理しましょう

私たちの現場でも親が痴呆症にかかっているケースでお身内の方が経済的にお困りになるケースをよく耳にいたします。痴呆症がすすみますと、日常の生活の資金面の管理は、お身内の方でも可能ですが、不動産取引などの法律行為は、お身内の方ができないことになります。
▶自己所有の不動産の売却資金で親を介護施設に入居させようとしても痴呆がすすんだ場合、重度の痴呆症では、家庭裁判所から選任を受けた成年後見人によって行われます。ただ、成年後見人が必要なのは、重度の痴呆ですので、早いうちなら、不動産の売却も行うことは、可能になります。続きの記事は、こちらから

不要な物・家財の整理と処分しましょう

生前整理とは生きているうちに身の回りの物や財産の整理を行うことです。別名老前整理とも言い、自分の死後に残された家族が迷惑しないように行うものです。生前に持っている物を整理し処分することで、自分の人生に余裕が生まれ、残された時間を有意義なものにできるというメリットがあります。
生前整理で物を処分するとはいってもやみくもに荷物を分けるだけでは、いらないものをためこんだままになったり、必要なものを誤って捨てたりして生活に不自由することがあります。物を正しく仕分けるために、基本的なポイントを押さえておきましょう。続きの記事は、こちらから

 

遺品整理と生前整理のお仕事違い

遺品整理と生前整理では、私たちのお仕事のとり組む姿勢が異なります。遺品整理は、ご遺族の方が、最低限の思い出のお品を形見分けとして整理し、貴金属などを整理して、故人の生活家財や荷物を処分します。私たちは、ご遺族の気持ちに寄り添って整理と処分のお手伝いをいたします。遺品整理は、ほとんど、仕分けがご遺族で済んでいるケースも多く、まだ、お済でない場合も、遺品を残すものは、さほど難しいことでは、ありません。貴金属類は、当然残しますし、権利書や保険証書類といったものは、決まっています。
一方、生前整理は、ご本人の気持ちを大切にし、整理のお手伝いをいたします。大量の本の整理や生活用品・衣類などの整理をし家・部屋をすっきりしたいというお手伝いが私たちの仕事になります。何を保管し、なにを処分するかは、例え、私たちにとってゴミと思われるものであっても、ご本人にとっては、保管しておきたい思い出の品というケースも多く、一つ一つお聞きし、承諾を受けて、処分に回します。とても根気と丁寧さが要求され、作業の時間も事前に想定できないケースも多くあります。お年寄りの生前整理は、多くは、子供さんなどがお立合いしていただき、ご本人を説得していただくことでスムーズに進みます。

私たちの生前整理・家財整理のお手伝い

多くご利用いただく生前整理・家財整理のご利用
■老人ホーム・介護施設に入居に伴う生前整理・家財整理
一人暮らしで体が不自由でなって施設に入所する人が多くなりました。私たちでは、施設入所に伴って、施設に荷物をお届けし、家・部屋の片付けを行う生前整理を行っています。
■退院前の生前整理のお手伝い
病気やケガで入院し、その後お部屋に戻り生活する場合の生前整理です。同居の方がお世話しやすい住環境づくり、介護のためのベッドスペースの確保作り、時として、ゴミが多くヘルパーさんが日常のお世話がスムーズにできるように家・部屋の片付けと整理を行っています。
■退職を機会に生前整理のお手伝い
仕事が忙しく部屋にたまった衣類や生活用品などを整理と処分をして第二の人生をスタートさせたいという方のご依頼も多くいただいております。時として、トランクルームに保管へ荷物の移動も併せて行う依頼もあります。
■引っ越しに伴う家財などの生前整理
家族が一つ立ちし一人暮らしになって、大きな家・お部屋からアパートやマンションにお引越し、子供たちの不要に家財なども一緒に整理処分するなど多くの荷物を廃棄し、お引越しのお手伝いも行っています。
私たちは、お客さまの要望をしっかり把握して、ご要望に沿った作業を行い、たくさんのお客さまから、ご満足をいただいております。

痴呆症の親の不動産売却

痴呆者の生前整理(不動産売却)   平成29年度高齢者白書によると、2012年は認知症患者数が約460万人、高齢者人口の15%という割合だったものが2025年には5人に1人、20%が認知症になるという推計もあります。 私たちの現場でも親が痴呆症にかかっているケースでお身内の方が経済的にお困りになるケースをよく耳にいたします。痴呆症がすすみますと、日常の生活の資金面の管理は、お身内の方でも

生前整理のすすめ

  家族とご自分のために生鮮整理をすすめよう 息子さんからのご依頼です。売却のための遺品整理で、70万円の処分でした。「親父に、かたずけろと」何度も言っていたのに、結局大量のゴミを残して、他界した。ちょっとぼやいていました。生前整理は、残された家族のためにも大切ですね。 生前整理とは何か 日本は今、高齢人口の急速な増加の中で社会に様々な影響を及ぼしています。そんな中、価値観が多様化し、

お年寄りの生前整理

実家の片付けは、大変ですが、私たちも応援します。 お年よりは、ものを捨てない。着ない・使わない衣類や生活用品も部屋に溜め込んでしまう 生活ゴミも体が不自由で生活ゴミも部屋に溜め込んでしまう そんな実家に帰ってみると部屋には、足の踏み場もないほどの物や衣類がところ狭しにおかれて、部屋も自由に歩く道さえままならない。 あふれた物・古くなった食品をたくさん溜め込んでしまった家には、ゴキブリやネズミ

自分らしく生きる生前整理

生前整理とエンディングノート   今まで生前整理という言葉の意味について説明してきました。もう一度確認しますが生前整理とは、自分の人生の最後についてしっかり考え、そのために今をより自分らしく生きるために活動することです。 高齢化が急速に進んでいる現代日本では、この生前整理を行う人が増加してきています。生前整理をする際に考えておかなければならないことは沢山ありますが、主に身の回りの品々の整

具体的な生前整理の進め方

 財産や墓地の生前整理 生前整理の意味や自分らしい生前整理について考えてきましたがここからは具体的な生前整理の方法について考えていきましょう。何から手を付ければいいか分からない方は多いと思います。生前整理に決まりはなく一番心配なことから始めることがポイントです。 財産について整理してみましょう 財産が預金や株、不動産など複数ある場合は家族にその存在を知らせなければなりません。所有する財

生前整理と遺言書

生前整理における遺言書について   もめることが多い遺産相続 消費税が10パーセントになり地価も上昇し相続税を心配する方が増えています。老齢人口の増加により相続税の納税者は増えていますが、決して額は多額ではありません。相続する際に気を付けるべきことは分割での争いです。それほど多額ではないのに、裁判所には最近多くの事件が持ち込まれている傾向があります。裁判までいかない争いは水面下でもっと多

不要なものを処分する生前整理

  円滑な生前整理を行うために 今まで説明させていただいた通り、生前整理とは生きているうちに身の回りの物や財産の整理を行うことです。別名老前整理とも言い、自分の死後に残された家族が迷惑しないように行うものです。生前に持っている物を整理し処分することで、自分の人生に余裕が生まれ、残された時間を有意義なものにできるというメリットがあります。スムーズに生前整理を行う上でのポイントは、まずは

【実録】遺品整理の体験談

 
 
ホームページ作成方法