埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

年中無休/夜7時から深夜0時は、
夜間専用:
050-3134-4757 でお待ちしています
専門業者と他の業者さんとの異なる点
 
 ホームページなどで検索すると、たくさんの業者のページが見られます。しかし、実際には、遺品整理・生前整理の業者専門店は、そんなに多く存在しておりません。
この10年間で不用品回収業者さん、リサイクルショップさん、解体業者さん、便利屋さん、葬儀屋さんなど遺品整理に関連する業種から参入しています。ですが、私たちのような遺品整理・生前整理の専門業者さんと、蓄積したスキルや遺品を正しく整理し廃棄するシステムが異なっています。
 
使用するトラックの違い
不用品回収業者さん便利屋さんなどでは、軽トラックなどの小型車両が中心で、遺品整理などの大量の荷物を扱うときは、レンタカーなどを手当てしているケースが多いようです。私たち専門業者は、単品・少量の回収を行わないためトラックは、1.5トン以上のトラックを使い、効率よく、お安く、大量の荷物を運搬します。
 
スタッフの違い
不用品回収業者さん便利屋さんなどでは、一人や2人で営業しているケースが多く、一軒家の片付けなど大量の遺品を急いで処理する場合は、仲間内の手伝いや派遣会社から派遣を受けて行うケースが多いようです。私たち専門店は、すべて正社員で構成し、遺品整理の仕分け作業や貴重品の配慮も心得ていますし、勝手に処分したというトラブルは、起きません。
 
廃棄物処分のシステムの違い
家庭から出る遺品・ゴミのすべてを処分するため、廃プラ処分場・木屑処分場・家電処分場・紙・服処分場・建築廃材処分場・危険物、特殊物処分場など何か所の処分場と契約を結んでどんな廃棄物も正規できちんと処分できる体制を取っていますので、「このゴミは。別途料金、回収できない」ということはありません。このように処分システムがないと。持ち帰って自宅の家庭ごみとして不法投棄されることもあります。また、多くの専門業者では、日々大量に持ち込まれる家庭用品の大半を輸出して処分コストを抑えています。
 
料金算定方法の違い
専門業者では、日々遺品整理業務を行っておりますので、見積もりも、トラック何台必要とかなり正確に見積りすることが可能です。実際に作業を行ってトラック一台の誤差が生じるということはありません。トラックの台数・遺品の内容・算出の状況を他の業者方よりも誤差なくきちんと見積もりをご案内できます。追加料金などの請求はないのが特徴です。
 
ご自分のあった業者を選びましょう
 
便利屋さんは、少量はお安い
便利屋さんでは、小回り機動力もありますから、少量の遺品の整理は、格安で提供できるケースは多いですね。ただ、スプレー缶、ペンキなどの特殊なゴミの廃棄は、向かないようです。

リサイクルショップは、買取り品が多ければ、経済的
家具や家電など新しい遺品を買い取っていただくのは、最適です。ですが、遺品整理の専門部署を持たないリサイクル屋さんでは、リサイクルできないゴミの処理のコストは、専門業者に比べて高めになります。

リフォーム会社・解体業者は、割高
フォーム・解体業者さんでも遺品整理を行うケースが多くあります。なぜなら、建築廃材の処分場とのパイプがあります。建築廃材として箪笥・瀬戸物・プラケース・紙類・服類もごちゃ混ぜで廃棄しています。専門店業者のように家庭用品を輸出、安く処分してくれる処分場の契約をしていないので割高のコストで処分することになります。リフォーム・解体業者さんを利用するケースは、遺品整理の点検が済んで、細かな家庭雑貨を大方処分した場合、大型家具類、大型家電などの処分のみを残しておいた場合には、お安く済みます。

【実録】遺品整理の体験談

 
 
ホームページ作成方法