埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

年中無休/夜7時から深夜0時は、
夜間専用:
050-3134-4757 でお待ちしています

板橋区では、社内で教育受けたベテランの店長がお伺いしています。全店統一の価格を実践し、どなたでも安心してご利用いただけます。また、作業員は、すべて身元のしっかりした正社員で構成し、下請けやアルバイトを利用しておりません。遺品の中で、現金はもちろん、通帳・生命保険・年金手帳などの貴重品の探索もお任せいただけます。遺族の方が、気になるお写真やお手紙なども段ボールで保管し、ご遺族の確認後に処理しております。

電話相談が、便利でスムーズ
現場の経験豊富な店長が、直接お電話でお応えしています。
2回目以降も同じ担当者につながりますので、同じことを何度も説明する必要もありません。
現場経験が豊富なので、お電話でのお見積りも「実際の金額」と大きくかけ離れないので、安心。


特殊な処分もコミコミで安心
回収業者と異なり、家財道具を一式処分するお仕事です。当店では、全て家庭の家財・ゴミの処分をいたします。ブロック・畳などの建築廃材、冷蔵庫の中身などの生ゴミ、調味料などの食品、ライター・スプレー缶・灯油などの危険物、物置の解体・エアコンの取り外し工事など。全てコミコミ料金です。

お客様の立場に立って柔軟にご対応
遺品の整理、荷物の選別、荷物の配達などお客様の要望にあわせてスタッフが作業いたします。なかなか処分に迷うお客様にも辛抱強くご対応しています。伸びた枝きりなども必要に応じてご提案しています。

緊急対応・即日作業にもご対応
首都圏内に6つの営業デポを設けて、緊急時には、お近くの営業店からや空き車両をチェックしてお客さまのところにお伺いしております。

 

板橋区でもめてしまったで遺品整理の事例

賃貸アパートの遺品整理

以前お仕事をいただいたお客さまからの問い合わせでした。親戚の者が亡くなったので、当社に遺品整理をお願いすると思いますので、その節は、よろしくお願いします。と電話いただきました。しばらくすると。前回の遺品整理の話は、相続人同士がもめてしまい、なかったことにしてくださいと、連絡がありました。
3か月ほどたって、再び、話が付いたので、お願いしますと連絡があり、見積もりにお伺いいたしました。すると、故人は、独身で子供さんがいない、親は、すでに他界していました。そのため甥御さん、姪御さんなど相続人が8人で、もめてしまったというのです。相続人が多いと、遺品整理を何十万円もかけて業者に頼むと自分たちの相続財産も減ることになります。それと、故人の遺品の中に現金があったり、貴金属があったりして、それも遠方の相続人も心配だ、勝手に処分しては困るという意見もあったそうです。
それため相続人同士話がまとまらず、延び延びになってしまったようです。こちらのお住まいは、賃貸住宅でした。このまま遺品整理せずに部屋を放置すれば、家賃の支払いが続き、相続人にとっても財産が目減りして何の得になりません。
そこで、その中の一人は、相続については、司法書士に依頼し、部屋の中で、相続に必要な通帳・貴金属などの探索も司法書士立ち合いし行いことでまとまりました。探索作業が終えて私たちに依頼がありました。確かし、部屋からは、相続に必要な書類や貴金属など全く発見されませんでした。


 

お読みいただきたい関連情報


生活保護受給者の遺品整理
相続人は、納骨から遺品の整理(家財処分)、公共料金の精算、賃貸住宅の解約の義務があります
詳しい記事は、こちらから

同居人の遺品整理
亡くなった同居人の遺品(荷物)は、相続人の許可なく処分できません。当然引っ越しや処分する費用も相続人の負担になります
詳しい記事は、こちらから


多額の借金を抱えてなくなった親族の遺品整理
遺品整理や故人の借金を放棄することができますが、注意点も多くありますが、きちんと理解して行います。
詳しい記事は、こちらから

遺品整理あとの賃貸トラブル
相続人は、故人の賃借権を受け継いでいますので、故人に代わり明け渡し手続きを行います。
詳しい記事は、こちらから

不動産相続と遺品整理
不動産や金銭を一切相続しないという相続放棄もあります。また、部屋に残された遺品の処理も多額の費用が掛かります。
詳しい記事は、こちらから

【実録】遺品整理の体験談

 
 
ホームページ作成方法