埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理は、片付け屋ライフサービスにお任せ

 

 
 
 
 

片付け屋ライフサービス
電話問い合わせ
メール問い合わせ口コミサイト

間取り別遺品整理料金表

遺品整理の料金は、荷物・家財の量と搬出状況に大きく影響いたします。お客さま宅ごとに量や搬出状況が異なります。ご参考にしてください。
下記の料金は、スタッフの片付け代金、処分代金、簡易清掃の費用を含めています。お客様は、生活していた部屋の状態で大丈夫です。
1Kタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒50,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒75,000円
荷物多く、散らかり部屋タイプ
1階なら⇒75,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
100,000円
2DKタイプ
荷物すっきりタイプ
1階なら⇒120,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒145,000円
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒150,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
175,000円
3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

1階なら⇒150,000円 
3階以上でエレベーター無しなら⇒175,000
荷物多く、散らかり部屋
1階なら⇒200,000円
3階以上でエレベーター無しなら⇒
250,000円
一戸建3DKタイプ
荷物すっきりタイプ

外回りなしなら⇒250,000円
荷物多く、散らかり部屋
外回りあるなら⇒350,000円

 

多額の借金がある方の遺品整理

借金を抱えてなくなった場合です。相続財産は、お金や不動産ばかりでなく、借金も相続財産になります。そのため、相続人は、資産と同時に借金も相続しなくてはいけません。その借金を背負いたくない場合は、相続放棄を行います。相続放棄を行うと故人の遺品整理も大きく制約を受けることになりますので、注意しましょう。

相続放棄して遺品整理で注意しなくてはいけないのは、次の点です。

アパートやマンションの片付けと明け渡しです。相続放棄するとアパートなどの賃借権も故人の家財の所有権も放棄することになります。大家さんからは、明け渡しの要求が相続人に要求されます。しかし、相続放棄する手続きを取っていますと言うと請求は、されません。しかし、多くの遺族の方は、大家さんに迷惑をかけたくないと思い、部屋の荷物を廃棄処分する依頼が多くあります。弁護士さんなど尋ねると、片付けてもよいという先生もいれば、片付けてはいけないという先生もいます。
当店では、遺品整理したいというご遺族の方には、家財道具に資産価値がないという資産の明細を作り古物商免許番号を明記した書類を相続人さんに交付し保管していただいております。今までこれで問題は、ありません。
この場合の遺品整理の費用は、故人の資金を使うことはできません。親族の方のポケットマネーでお支払いしていただきます。ご遺族の方が室内で整理作業ができない場合は、こちらで、預金通帳・生命保険・年金手帳なとの探索と整理も行います。

賃貸の保証人と遺品整理の関係

故人のアパートの保証人が保証会社であれば、保証会社が遺品整理を行います。相続放棄していれば、費用の請求に応じることはありません。ただ、保証人が故人のお身内の場合は、家賃の支払い請求に応じなくてはいけませんので、相続放棄しても遺品整理をした方がよいでしょう。
最近は、相続放棄をするケースが多くなり、賃貸の保証会社や銀行なども3か月間催促せずに放置して相続人に請求するというケースが見られます。相続放棄していないと逃れられません、相続放棄は、相続を知った日から3か月以内に行うのが原則です。注意してください。
 
【ご注意】
こちらのご紹介文は、一般的に起こりうるケースに限定して解説しております。相続人が痴呆症・未成年・その他複雑なケースは、弁護士・司法書士などの専門家に相談してください。

関連記事

川口市の賃貸アパート・自殺・相続放棄の事例です

ポイントワード:自殺の遺品整理・相続放棄・自動車の廃車
ご両親が高齢で弟さんが、整理を親御さんと相談しながら、行っていました。こちらのケースは、少し複雑でした。亡くなったお兄さんは、飛び込み自殺です。詳細記事は、こちらから

【実録】遺品整理の体験談


片付け屋ライフサービスは、一般社団法人家財整理センターが運営しています。

 
 
ホームページ作成方法